生理不順になってから始めた毎日の日課トレーニングなどについてお話します。

朝の風景

私は、朝起きてまずは、窓のカーテンを開けて外を見ます。

そとを見て天気の状態を見てから、今日はリビング、外へ出てランニングすると決めます。
朝は毎日、5時半に起きて天然水を飲みます。
それから準備体操、ストレッチをしてその天気がいい場合、風が強くない場合は、ランニング用の服装に着替えて走ります。毎日5㌔走っています。仕事二行く前なので、最初の頃は結構きつかったですが、3か月もするとだいぶ慣れてきて楽になってきて苦しかったの最近は、楽しくなってきました。

朝、早く起きて身体を動かそうと思った理由は、朝がどうしても起きれない生活が続き体重もかなり増えてしまいこれでは、ダメだと思ったからです。最初の頃は、いきなり朝起きて身体を動かすのはさすがに無理なので、身体を動かすのを夜、お風呂に入った時にしていました。

お風呂の湯船に浸かりながら100円ショップで買った。ゴムチューブを足にかけて引っ張って柔軟体操をしていました。それから夜は、9時半に必ず寝るようにして最初は、朝は6時に目覚まし時計をセットしておいて起きるようにしました。

 

ストレッチ

起きてすぐにはどうしてもボーッとしてしまうことが多かったですがそれはそれでいい最初はいいと思ってました。それから朝が辛くなくなってきたら準備体操、ストレッチを加えるようにしました。

朝の食事も今までは食べなかったのがしっかりと毎朝決めた時間、決めたものを食べるように固定しました。朝の朝食は、パンを辞めて、白いご飯、ワカメスープにしました。それから1カ月くらいしてからおかずで黒豆を食べるようにしました。今は毎日、身体を動かして、それを食べて仕事へ行くようにしています。

最初の頃は、朝が起きれないだから仕事に就けない。規則正しくないバラバラの食事で体型も肥満でした。
それが今では、半年くらいしてからウエスト周りは、70㎝近くあったのが今は60㎝までになりました。腹筋周りも少し括れと割れ目が出てきました。
毎日ウォーキング、ランニングをするようになって2か月で足、太腿まわりがだいぶ締まって細くなりました。
いままでとても履けなかったデニムミニスカートも履けるようになり通り過ぎるとたまに男性の視線もウケるようになりました。

社会人では、身体を動かしてどうのこうのをする時間がないとか言われてしまいますが、逆に朝早く起きて身体を動かしたり、朝食をキチンとしたものに改善して週刊アすれば体質改善にもなりますし、時間がない仕事帰りのように疲れて捗らないといったことがないのです。私は、ピルに頼らなくても生理不順を改善したいのです。それでもさすがにいきなり朝起きてやるのはムリですが最初は、お風呂に入って少し身体に柔軟さを造るところから準備すれば半年もたつころにりは、朝は起きれるようになりますし、身体も動かせるようになります。それができれば体型も変わりますし、だらしなかった生活が改善されいい仕事にも就けるようになって人生が明るく華やかなものになります。

明日やればいいとか次の月から暖かくなってからやればいいとかじゃなく外が寒い季節には自分の部屋でできることから始めて準備しておくのがいいと私は思います。外が暖かくなったら自然と身体もそれに合わせて動かせるようになって体型が変わるのが早くなるのが解るので寒い今の季節は、お風呂に入りながら、リビングなどを利用して準備体操、ストレッチをして春まで準備をされるといいと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です